07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、ご紹介するテキストはこちらです。

貸金業務取扱主任者試験対策予想模擬試験+最新過去問題〈第一回試験〉



このような過去問、または予想問題集は内容が問題を載せて解説を付けて終わりといった風になりがちです。
受験者にとってもっとも大事なところなので当然ではありますが、昨今の競争の激しさを考えるならば、やはり、+αで要素を加えるべきでしょう。

本書においてのその要素としては、まず全レベルを対象としているが挙げられます。
貸金業務取扱主任者試験を受験される方が、勉強の仕方を仕方を知らないなんてことはないと思いますが、それでも、自分が新しい分野の勉強をする際に使用するテキストはできるだけわかりやすい方がいいのではないでしょうか?
本書は、全体的に文字が大きいなのでこれか勉強を始める方、もしくは、今まである程度、貸金業務取扱主任者試験について勉強を進めてこられた方でも安心して使えるものと言えるでしょう。

また、解説の重要事項が赤文字になっているため、覚えるべき点が明確であり、暗記カードを作る場合などにも大いに役に立つことでしょう。

以上、テキストを選択する場合の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 問題集
今回は、問題集ではなく、勉強のサポートとなる一冊を紹介します。

精選貸金業用語集



貸金業務取扱主任者試験を受験される方は独学で勉強をされている方が多いと思いますが、勉強されている時、「この言葉の意味はどういうことだろう?」と疑問に思った時に調べるのに重宝するのは基本でしょうが、この本をより有効的に使用するのであれば、知識の確認や暗記カードの作成の際に文章をまとめるのに使用すべきでしょう。

もっとも、この本の内容の表記がなかなか難しいものとなっています。それというのも、監修にあたっているのが弁護士の方であり、法律的な素養が身についてからではないと、取り付きにくい印象をもつかと思うからです。

勉強がある程度進んでいる方にオススメしたいのは、もちろんですが、実際に試験に合格後も見越して手元に置いておくののもよいと思います。
  • このエントリーのカテゴリ : 問題集
今回、ご紹介するテキストはこちらです。

貸金業務取扱主任者直前○×問題集



こちらのテキストは、資格試験予備校大手のレックが出しているものですが、何といっても使い勝手の良さはナンバー1と言ってよいでしょう。
問題集としての基本のスペックである、ランク付けや細かい分類は当然として、更に、左に問題があり、その答えが左にあるという左右完結型であることが大きな特徴でしょう。
このテキストがあれば、どんな状況であろうと勉強ができるでしょう。

ただ、難点を挙げるなら、問題数が多いことでしょう。この量ははっきり言って直前にできる量ではないため、タイトルに直前と書いてはありますが、できれば受験勉強の開始から本試験直前まで使うことをオススメします。

また、貸金業務取扱主任者試験に関する情報が多いので、自分で勉強対策を練る時に役に立つことでしょう。

以上、テキストを選ぶ際の参考になれば幸いです。
  • このエントリーのカテゴリ : 問題集
今回、ご紹介するテキストはこちらです。

一発合格!貸金業務取扱主任者対策模試



このような試験対策模試は、内容がどうしても淡白になりがちです(だって、問題を形式的に載せればいいだけですから)。
では、どこを選択基準とすればよいでしょうか?

それは、解説です
この点には、形式はないため、その問題集の個性を出すことができるので、解説がより自分に合ったものを購入すべきでしょう。

さて、本書の場合ですが、解説の部分を見ていくと、図や表を使っているため、非常に見やすい内容になっており、かつ、頭の整理にもなるためお勧めの一書と言えます。
さらに、覚える必要がないとして、条文を解説には使用していないところも私的には試験に対するこだわりを見いだせて非常に好感を持てました。

また、本書はただ模試を貸金業務取扱主任者試験の形式に合ったように載せているのではなく、出題の傾向や仕方を完全にまねしているという徹底ぶりには脱帽しました。

著者の熱意が伝わる気持ちこもったお勧めの参考書です。

以上、参考書選びの際に参照していただけたら幸いです。
  • このエントリーのカテゴリ : 問題集
今回、ご紹介するテキストはこちら!

貸金業務取扱主任者試験に出る!頻出知識スピードマスター



こちらのテキストを読んで思ったことは、まず、初学者向けになっていることです。
これから貸金業に就職を考えている方は、今度の制度改正によって貸金業務取扱主任者が国家資格となったことを挙げる方は多いと思います。その為、そもそも、貸金業にまつわる知識を有さない方や学生さんがその主要となるでしょう。
そうだとすると、本書のように、初学者のために法律の理解を助けるために、「解決のためのアドバイス」として表や図をたくさん載せているものは非常重宝することになるでしょう。

また、初学者にとってつらいのが、どこが試験でよく出るのかわからないことです。
本書では、「Keyword」として、試験によく出る、また、押さえておくべきものがピックアップされており、受験勉強の無駄を大いに省くことができるでしょう。

もっとも、初学者の理解を優先していろと考えられることから、あまり、暗記について使い勝手がよいとは言えないので自分なりの工夫は必要となるでしょう。
ここで、先に挙げた「Keyword」を表とし、その説明を裏に記載する暗記カードが作りやすいと思うので、オススメの活用法として挙げておきたい。

以上、問題集を購入する際の参考になれば幸いです。
  • このエントリーのカテゴリ : 問題集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。